代表:江熊 遊斗

eguma.jpg


 こんにちは。道楽の代表を務めさせて
 頂いている江熊遊斗と申します。

 ご縁があり、創始者の杉本さんから
 「できれば毎週来てください」と言われ、
 掃除に来るようになってはや四年。

仕事は教育と心理に携わっておりますが、掃除ははてなき学びであり、
また、心を穏やかにしてくれる癒しでもあるのではないかと、
体感しております。

また掃除を通じて、様々な人との出会いもあります。
仲間との出会いであったり、掃除をしていて「ありがとう」と
声をかけてくださる方々との出会いもあります。
別に道頓堀に限らず、掃除はどこでもどの規模でも始められるし、
続けることができます。

そこにある紙くずを一つごみ箱に入れればそれで掃除です。
その様な気軽な気持ちで、始めるきっかけとして道頓堀に
来てもらえれば幸いです。


発起人・世話役:杉本 哲也

道楽を始めたきっかけは、あまりにもゴミだらけの道頓堀を
目にしたことでした。

道頓堀を訪れる観光客に
「『大阪はきれいなところだ』と思ってもらえるように」と考えて、
一週間のうちでも一番ゴミの量が多く、かつ昼間の人通りが多い
土曜日の早朝に戎橋ならびに道頓堀を掃除することにしました。

道頓堀は大阪の顔です。
京都・奈良・高野山という、日本が世界に誇る観光資源の間に
位置する大阪の顔がきれいでなくては観光客も喜びません。

最近、掃除が終わった頃に来る観光客がこんな会話をしています。
「大阪って、思ったよりきれいなところだね」
来る前には、大阪が汚いというイメージを持っていたわけですから、
大阪の人間にとっては失礼な話ですが、
道楽の団体としては大変やりがいの出てくる言葉です。

道楽の目的は観光客に気持ち良く訪れてもらうことです。
私たちの活動が少しでも観光客のために役立っていると信じて、
活動を続けていきたいと思います。

世話役:吉留勇・秀子

yoshitome.jpg

夫婦で一人前です。二人合わせて140歳を超えていますが、
健康寿命を延ばすのに最適な活動であると考え参加しております。

身体を動かすことが大事だと思いますが、それより、
活動に参加して若い人から沢山のエネルギーをいただいていることが、
元気でおれる秘訣かもしれません。

いつまでも元気で、
「あんな年寄りになりたいな」と言っていただけるよう頑張ります。

なお、道頓堀が私たちの活動がいらなくなるような
いつも綺麗で清潔な街になることを願っています。

世話人:奥本 浩徳

11256536_858384534235561_41016311_n.jpg

奈良で自営業をしています。絵と育児とジョギングが趣味です。

道楽には縁あって数年前から参加するようになりました。
街を掃除していると街から元気をわけて貰ってるんじゃないかと
感じる時があります。

朝にそんな状態になればめっけもん。1日が存分に楽しく過ごせます。
道楽は私にとってそんなめっけもん一杯の会なのです。

ご参加される方は気軽にお声をかけて頂けると嬉しいです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。